2017/05/23

TSE 9628 燦ホールディングス 2017年決算短信を受けて


私の判断:買い増しはしない。ホールドして様子見。

(5/23 加筆  2400円(配当利回り2.0%相当)を超えるようなら、一部売却を検討)
 
利益がここ5年ほど伸びており、株価はそれより控えめに伸びている。

2016年の落ち込みは厚生年金基金解散損失の引当金。この点においては将来の不安がなくなった。

現在の益回りは過去に比べてやや割安。配当利回りは中くらい。だが前回の金融危機の前も似たような状況で、危機後2年間は利益が0付近になり、減配もあった。次の危機はいつ来るのか、それはわからない。
 
 
 
Act. : Actual : 実績EPS
Est. : Estimate : 予想EPS
F. EPS : Forward EPS : 予想EPS

2017/05/20

TSE 2806 まんだらけ 売却の反省

低PERと、低単価と、利用の思い出と、増配への根拠なき期待から買ってしまった。

4割減益なのに何の説明も無いなど、IRが良くない。在庫も膨張中で、純利益よりCFが少ない。人件費が高騰している中、人員を増やしている。何のために通信販売拠点に多額の投資をしたのか。なぜヒトが減らないのか。 少額だからと安易な決定をしてしまった。

少額でも、業績確認など保有の手間は1銘柄分。

30万ルールを厳守せよ。反省せよ。


2017/05/18

株が高い時をどう過ごすか考えてみた

本を読む

勉強する

散歩する

モノポリーで遊ぶ

バフェットの手紙を読む

労働する(信用膨張期は、比較的仕事が見つかりやすい。お金の価値も下がってるし)



目的:とにかく空売りの誘惑を他の事で紛らわす!
その理由:空売りすると、ほどなく理不尽な上昇が始まる。金利がかかり、配当は支払う側になる! 利益は最大でも2倍弱のくせに、損失は無限大!


日銀のETF買入はもう勘弁して欲しいなあ

17.5.18 Update